結露は大敵!住宅を長持ちさせたり、健康を損なう原因となる湿気の話

寒い冬の日、お家の窓が濡れているのを見たことがあると思います。いわゆる結露です。窓の結露は拭けばいいかもしれませんが、拭き取ることができない壁の中でも結露が発生するかもしれないということをご存知ですか?
もし壁の中で結露が発生してしまうと、断熱材が腐って断熱性能が低下するだけではなく、
断熱材の周辺の柱などの構造材も腐ってしまい、住宅の耐久性をも下げることになってしまいます。
また結露によってカビやダニが発生し、アレルギーやアトピーの原因となり家族の健康を損なうばかりか、大切な衣類や家具にも悪影響を及ぼします。

隙間を生む工事(断熱欠損)のリスク

隙間を生む工事(断熱欠損)のリスク

防湿層を維持しつづける断熱工事とは

結露発生のメカニズムは少し難しいお話になりますが、どうやって壁体内部の結露を防いでいるのか?あるいは、どんなことが起きたら結露発生のリスクが高まるのか?について、ここではできるだけ簡単に分かりやすくお伝えできればと思います。

断熱材の入っている外壁は、結露の危険性にさらされています!

断熱材は、その種類によって、壁の中に結露が生じやすいもの、生じにくいものなどがあります。 結露が生じやすい断熱材を使う場合は、結露の原因となる湿気を壁の中に入れないように、防湿シートという専用のシートを貼って、壁に侵入しようとする湿気をブロックします。
一方、硬質ウレタンパネルのような断熱材は、断熱材自体が湿気をブロックする防湿シートと同じような役割を果たします。 また、セルロースファイバーは、壁に入り込んだ湿気を右から左に通すため、結露が生じるほどの湿気が壁の中にたまることはありません。 このように、壁の中では、断熱材の性質によって、湿気の動きが様々であり、結露発生のリスクにも差が出てきます。

【現場発泡ウレタン、グラスウールなどの場合】

防湿シートあり

防湿シートにて、湿気を遮断する必要があります。

防湿シートあり 途切れあり

防湿シートが途切れたらそこから湿気が侵入し、結露発生リスクが高まります。

防湿シートなし

防湿シートがないと、結露発生リスクが高まります。

【硬質ウレタンパネルの場合】

隙間なし

透湿抵抗の高い硬質ウレタンパネルは防湿層不要です。

隙間あり

硬質ウレタンパネルと、梁・柱の間に隙間があると、そこに湿気が入り込み、結露発生リスクが高まります。なので隙間のない施工をすることが重要となります。

【セルロースファイバーの場合】

セルロースファイバー

木質繊維のセルロースファイバーは、周囲の状態に応じて水分を吸ったり吐いたりしています。この吸放湿性が適度な湿度をもたらし、結露を防ぎます。

断熱材の種類によって、結露防止の方法は異なりますが、新築時だけでなく、将来の様々なリスクに対して耐久性のある施工方法を選ぶ必要があるということが言えそうです。

資料請求へ