高断熱・高気密・計画換気が基本[不完全な断熱住宅は結露のリスクも?]

断熱と気密と換気

快適で健康的な生活を送るためには、家の「断熱」が欠かせませんが、ただ高性能な断熱材を使うだけでは十分ではありません。
断熱材がしっかりと隙間なく連続して家全体をくるんでいなければ、せっかくの断熱材も全ての力を発揮できません。 断熱材が行き届いていない部分があれば、そこから熱が行き来してしまい、暖房をしていても家の中で寒い思いをしなければなりません。 「断熱材を隙間なく連続させること」はとても重要です。つまり、建物の「気密性」を高めることはとても重要です。

また、少し難しい話になりますが、不完全な断熱をされた建物は、外壁の内側が結露するかもしれないというリスクをはらんでいます。夏に冷たい飲み物が入ったグラスにつく、あの水滴と同じものが、見えない壁の中に出来てしまうかもしれない、という少し怖い状況と隣合わせなのです。壁の中にできた結露の怖さについては、『結露は大敵!』のページで詳しく説明しますが、その結露を起こさないようにするためにも、精度の高い施工が重要になります。

計画換気

そして、もう一つお伝えしたいのは、「計画換気」の重要性です。
壁体内の結露防止のためには、換気が欠かせません。しっかりと換気をすることで、たくさんの湿気が壁の中に入ってしまうことを防ぎ、結露を起きにくくしてくれます。
また、計画どおりに換気を行うためにも、「高い気密性」は欠かせません。

断熱性と気密性、そして計画換気。すべてが揃ってようやく「快適で健康的な生活」のための器が出来上がるということをお分かりいただけましたでしょうか。

気密性能が悪いと室内上下の温度差が生じる

冬の暖房をした部屋で、頭はのぼせるのに足元は冷えるという経験をお持ちの方は多いと思います。その要因も実は気密性能の悪さだと言われています。気密性能が良くないと、室内の上下温度差が出来てしまいます。
気密性能を高めて、より快適な冬を過ごしてみませんか?

影響する項目 相当隙間面積(?/㎡)
1.0以下ならば(0.5でシミュレーション) 1.0超だと(2.0でシミュレーション)
快適性
  • ・隙間風が少ない
  • ・上下温度が小さい
隙間風が少ない
強い風の吹く日でも冷気の侵入が少なく、上下や室間温度差が生じません。
  • ・隙間風が多くなる
  • ・上下温度が生じる
隙間風が多い
強い風の吹く日は冷気の侵入が多くなり、上下や室間温度差が生じやすくなります。

気密性能と換気の関係

計画通りの換気を行うためには、高い気密性能が必須です。

高気密住宅と低気密住宅の違い

C値について

建物の気密性能を表す指標として、C値(相当隙間面積)というものがあります。値が大きいほど隙間が多く、小さいほど隙間が小さいことを表します。
C値は建物の施工中に、専用の測定器を使って、数値を計測します。
では、「どのくらいの値が望ましいか?」というのが皆様が気になることだと思いますが、これについては考え方はさまざまにあるのが現状です。[5.0]を高気密という住宅会社もあれば、[2.0]というところもあったりします。
断熱ライフでは、[1.0以下]が望ましいと考えています。
住宅会社によって、測定をしているところとしていないところがありますので、是非、気密性能を気にされる皆様には、測定してくれる住宅会社を選んでいただきたいと思います。

資料請求へ