冬暖かく、夏涼しい家で健康な暮らし

住宅というのは、その中で暮らす人が快適にすごせるような「器」であって欲しいものです。
あたり前の話ですが、「熱」というのは空気やモノを伝わって行き来します。
ですから快適な空間創りの第一歩として、器を「断熱材でくるむこと」が欠かせません。
そうすることで、小さなエネルギーで冬は暖かく夏は涼しく過ごせるようになります。

冬は熱を逃がしたくない!

「断熱」とは熱の行き来を「断つ」こと。
住宅は屋根、壁、窓、床で囲まれていますが、このどこからでも熱は行き来します。そこで熱の行き来がおこりにくいような素材(これを断熱材といいます)を入れることで、熱の行き来を防ぎます。

【冬は熱を逃さず】

冬は熱を逃がしたくない

【夏は熱を入れない】

夏は熱を入れたくない

「温度差」をなくして健康な暮らしを実現!

窓等の開口部や壁、床、天井といった居室を囲む構造部分をしっかりと断熱し、隙間風が入らないよう気密化して、暖房された室内の温度を外に逃げにくくします。したがって、小さな容量の暖房器具で家じゅうを暖めることも可能です。またしっかりと断熱化された住宅では、トイレ、風呂場等、暖房のない場所と暖房室の温度差も小さくなるので、急激な温度変化によるヒートショックも軽減されます。
断熱化で外部からの熱の侵入を防ぎ、冷房の効きを良くすることが可能です。このほか日射を防ぐ工夫、例えば、庭木で日陰を作ったり、大きな庇や簾等で日差しを遮る、窓ガラスは日射を通しにくいガラスにすることや、風通しを良くする間取りにすることで、 少しの冷房エネルギーでも快適に暮らせます。

断熱性能 低
断熱性能 低
断熱性能 高
断熱性能 高

住宅の断熱化で有病割合が低下

健康維持がもたらす間接的便益(NEB)を考慮した住宅断熱の投資評価

伊香賀俊治、江口里佳、村上周三、岩前篤、星旦二ほか:
健康維持がもたらす間接的便益(NEB)を考慮した住宅断熱の投資評価 日本建築学会環境系論文集

こちらは大学の研究室による調査研究結果です。断熱性能の良くない住宅から、性能の良い住宅に転居した人が、どのくらい健康状態が改善したかを表しているグラフです。子どもたちに多いアレルギー性の疾患や大人に多い高血圧性疾患や関節炎などの有病割合が、高性能な住宅に転居後、低下していることが分かります。

資料請求へ